本文へスキップ

広島在住の中国人同士の交流、地域貢献と日中友好の架け橋となる Hiroshima Overseas Chinese Association

総会の創立・運営理念

広島県華僑華人総会は、各分野からの発起人54名の呼掛けにより、2010年12月12日に創立された団体である。その目的は、広島県在住の中国出身者同士の更なる交流や協調、中国出身者と日本及び他国からの友人たちとの一層の親善交流を促進することにある。文化、教育、スポーツ、ボランティアなどの活動を積極的に実施すると同時に、信頼できるビジネス情報や人的ネットワークを提供し、領事業務代行などの業務を行い、多くの同胞や地域住民のための事業を展開しつつ、広島地域の平和と発展、更には、中日両国の多領域の交流と協力に貢献する。
 当会は、年齢、地域、職業の枠を超えた23名の理事と2名の監事で執行部を構成しており、確固たる組織化により運営管理を遂行している。今広島県内1万8千人の華僑華人の代表組織として、多数の会員・会友を擁しており、組織拡大を推進していく中、広範な支持を得ることを目指している。
 民主的で開放的、そして国際性と知性を兼ね備えた新しい姿の華僑華人の組織を作り上げ、そして提供サービスの充実、且つさらなる発展に向けて、総会が一丸となり、全力で邁進して行く所存である。

会長の挨拶


広島県華人華僑総会2014年度会員会友大会は会員会友の皆様をはじめ、理事会と執行委員会及び他の関連者の支持と協力の下、2014/11/9日に広島留学生会館にて開催され、大きな成果を収めた。「団結と振興」のビジョンを共通認識に、総会規則に基づき、2年ほどの努力を重ね、新しい理事会及び執行部の執行委員会が選出された。新当選の理事、会長副会長、監事及び法律顧問は当大会で承認され、一部改訂された総会規則も同時に承認された。

次期会長として今後、会員会友から寄せられた意見を受け入れ、皆さまの期待に背けられないように担うべき責任と役割を堅実に果たしていきたい。そして、総会を更なる明るい未来に導かなければならない責任感を強く感じた私は、これからできるだけ多数の理事の意志を尊重し、会員会友及び社会有識者と力を合わせて総会の飛躍成長に尽力していく所存。

「千里の道は一歩から」、当会も今まさに素晴らしい目標に目指して新たな一歩を踏み出そうとしているところ。今までは多数の理事から支持頂き、信念を曲げず、団結に向けて約2年間困難極まる峠を越えて、今日の成功に歩んできた。この成功はすべて皆様の努力の賜物だと私は確信している。もちろん目標に辿り着くまでは意見の食い違いや喧嘩も多々あったが、しかし、多数理事の努力と支持のお蔭で当会がもう一度生まれ変わったのだ。今後は仲間一同で会の規則を守りつつ、支持頂いた社会有識者と一緒に一歩一歩で堅実に邁進していく、そして果たすべき役割をしっかり果たしていく。

帆を立てて新しい門出の今期総会理事会にとって前途が険しく、さまざまの困難に遭遇するのも想定内のことである,しかし、我々は最善を尽くして克服する勇気と自信をも持っている。目下、当会はまず下記3点に着手してから全般展開していくことを計画している。第一、広島県内の華人華僑の間に交流できるプラットフォームを徐々に完備していき、関連サービスの提供やネットワークを積極に構築する。第二、日本社会に溶け込めるための情報収集を強化し、コンサルタントやアドバイスできる相談役機能を増強する。第三、在日中国人の民間組織として、中日友好交流の架け橋役割を果たし、当会の存在価値と社会貢献を実現していく。

当会本部は世界の平和都市である広島に置くため、より一層各種平和活動の参与と主催に力を入れていき、中国国内と世界各地の華僑華人団体や組織と友好関係を築き、世界平和の実現に、微力ながらも貢献していきたいと決意する。

当会は広島地域社会から生まれ、社会への貢献を目的とする民間組織であるため、これからの事業展開も組織運営も、社会の皆様のご理解とご支援が欠かせない。広島における華僑華人の代表的な組織として、より良い社会サービスの提供と社会貢献の推進を実現するために、皆様の変わらぬご指導とご鞭撻を仰ぎながら、これからも有志の仲間と共に前進を続けてまいりたい。

広島県華人華僑総会
会長 張耀

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2014年广岛县华侨华人总会的会员会友大会业已圆满落下帷幕,在总会理事和全体执委以及会员会友的大力支持和热情鼓舞下,新一届总会理事会也已按照总会各项规定和总会团结发展的共识,经过近2年的努力,完成了其换届改选工作。在2014 年总会的会员会友大会上,新一届总会理事当选的理事及正副会长以及监事和法律顾问的人选,都得到了通过与认可,对总会章程进一步完善的内容也得到了大会的批准,总会今后将继续按照广大会员会友们的意愿与期待,履行其应尽的社会责任与义务。作为新当选的会长,我深感责任重大、任务艰巨。今后,我将会按照总会理事会多数理事的意见,携手总会会员会友和社会上关心爱护总会的有识之士,共同为总会的健康发展而全力以赴。

千里之行始于足下,我们广岛县华侨华人总会又迈出了新的一步。在近两年的团结振兴总会的工作中,呼吁总会团结与壮大的理念得到全体理事的理解与支持,虽然在团结方式上存在有意见的分歧,但在大多数理事的共同努力下, 新的执行机构诞生了。今后,我们将按照总会制定的宗旨,团结一切支持总会的社会各界人士,一步一个脚印地为总会的美好明天,积极发挥我们应尽的义务。

新的总会扬帆起航了,虽然任重而道远,但我们会尽最大努力去做好我们的工作。目前,首先要着重以下三点来开展总会的工作,第一是为广岛县的华侨华人提供一个能广泛交流的平台,并积极提供相关联的各项服务。第二,为同胞们能更好地融入日本社会,我们将与日本社会各界构筑良好关系,尽可能多为同胞提供有价值的各类信息与咨询服务。第三,作为在日本社会建立的华人圈的社会团体,要发挥我们的桥梁作用,为中日两国友关系的发展积极尽力,体现总会存在的意义与价值。

总会的总部位于世界的和平城市-广岛市。我们也将在爱护与珍惜和平的基础上,积极参与社会各界开展的促进和平的活动,还将与中国国内和世界各地的侨团、友好组织建立起良好的合作关系,携手共进,为世界的和平发展事业尽微薄之力。
总会是属于社会的、大家的总会,在今后的运作过程中,还希望能得到大家的多多理解和大力支持,大家共同献计献策,把总会建设成为能为大家提供多种服务、具有实际意义的华侨华人的代表组织。

广岛县华侨华人总会
会 长 张 耀

組織・役員


理事会理事(中国語のピンイン順)(2018.03.17)

陈永涛、董玉平、高博、郭志东、李川、李基勇、李晔、刘雪奎、宁立新、潘忠信、孙明、孙秀杰、塔娜、王荣光、吴正林、许哲峰、闫宇、曾宪忠、张五星、张子川、张耀、赵航、周志刚。
 

広島県華僑華人総会

〒730-0051
広島市中区大手町1-1-26-1202

TEL: 082-430-3138
FAX: 082-430-3139
Email hoca1212@hotmail.co.jp